プロジェクト

被爆者の体験記録





このプロジェクトについて

ヒロシマ・ナガサキの記憶を風化から守るためには、その記録が必要です。原爆投下から72年の歳月が過ぎ、被爆者の方々は、高齢により、自身の被爆体験を語ることが年々難しくなっています。
ANT-Hiroshimaでは、被爆者の被爆体験とその後の人生の歩みを次世代に伝えるために、記録映像を製作しています。『沼田鈴子さんに聞く』『居森清子さんに聞く』など、インタビュー形式でまとめたDVDを製作し、上映会や平和教育の教材として活用しています。

活動のはじまり

日系3世の映像作家、スティーブン・オカザキ氏のドキュメンタリー、『ヒロシマナガサキ』の製作協力をきっかけに、映像として記録することの重要性に気付き、独自に被爆者の話を記録する活動を始めました。

プロジェクトブログ

プロジェクトページトップ

プロジェクトブログ

ページトップ

TOP
ANT-Hiroshimaについて
おいでよANT-Hiroshima

プロジェクト
将来NGOで働きたい方へ
寄付・会員について

お問い合わせ
リンク
各年度総会資料

ANT-Hiroshimaのfacebookは
こちらから。

〒730-0012
広島市中区上八丁堀8-14安芸リーガルビル5F
TEL:(082)502-6304 FAX:(082)502-6305